top of page

ヨガで痛める!疲れる!を作らない為のヒント

身体の仕組み、ヨガのポーズのロジックを知ることにあります。



大事な試合や大会でケガをしないこと。日常から不調を作らない事。


これは重要な課題ではないでしょうか。


力の作用、正しい身体の位置(アライメント)、呼吸のタイミングなど

ヨガにはケガを予防する様々な要素が含まれています。



ケガや身体の不調で多く聞かれるのは?

男女ともに一般的に多いのが→腰の痛み(私もです)


テニスでは→足首〜ふくらはぎ

サッカーでは→肉離れ、股関節

野球では→肩


コンテストやショーに出る人たちからは、高いヒールを履き転倒してしまうケガ。ウォーキングなどで股関節の痛み。


海外では医師も推奨し、様々なアスリートがヨガを疲労の回復、トレーニングやリカバリー、コンディショニングの一環として取り入れており、例えばそのシークエンスは誰でも試せるよう広く公開されています。


オリンピックで3度のメダルを獲得したティアナ・バルトレッタは、不安定な時期や激しいトレーニングの中でも、バランスを保ち、地に足をつけ、正気を保つためにヨガを活用しています。彼女は最初、不眠症の治療法としてヨガを用いました。「今では、目覚め、睡眠、トレーニングに参加するため、すべてにヨガを利用しています」とバルトレッタは言います。

________yogajournal yogaforathletesより参照



ヒント1:バランスをとること

ヨガには陰陽、静と動、太陽と月、などバランスにフォーカスした教えが沢山あります。

それはポーズにも同様です。


身体に照らし合わせて考えてみましょう。

身体は左右対象でしょうか?柔軟性、筋力がバランスよく対照であることはもちろん、

激しく身体を使った後に、「静」の状態をどれくらいとっているでしょうか?

これは身体に乳酸を溜めないためにも非常に重要なことです。


ヒント2:自分のコントローラーを持つ

自分がゲームの主人公だと仮定します。そのコントローラーを持って、自分が自分を動かすこと。

そんなの当たり前だと思っているかもしれませんね!ではどうでしょう、

簡単なエクササイズを試してみてください。


呼吸コントロール:10秒間かけて吸って、10秒かけて吐いていきます。

徐々に秒数を増やしていきます。

11秒吸って、11秒吐く。

12秒吸って、12秒吐く。


どうでしょうか?

なかなか初めは難しいのですが

物理的に言うと、息をどれくらいのペースで取り込み、吐き出すか

と言うだけのことなので、多くの人がかなりの秒数までできるそうです。


私のレッスンで初めにこれをやると、多くの人が

全然息が足りない。呼吸が浅いんですね!

と言われます。

確かに浅いかもしれません。


しかし、象とネズミが比べているわけではないので、

ある程度身体が同じくらいのサイズの肺で呼吸している私たちが

できる人と出来ない人はなぜ?


コントロールができていないのです。


コップ一杯の水を想像して下さい。


もう一つのコップに移し替えるとすると、

すこしづつ移し替えるのと、ザーっと移し替える


同じ水の量でも、移し終わるタイミングは歴然ですね。


タイミングをコントロールしながら移すことで、如何様にも出来ます。


この原理は、呼吸にも身体にもいえます。


自分のコントローラーをきちんと持つこと。

自分で自分の身体をコントロールできるようになる時、不本意な怪我とお別れができ、

自分の想像するパフォーマンスができます。


ヒント:正しく身体を知る

正しい形を知ることも大事ですが、自分の身体を知ることが大前提です。

私の場合片手だけ手首のつき方が曲がっていて、

アームバランス(手をついて身体を支えるようなポーズ)ではまっすぐ手をつくと

手首を痛めます。

気づかなかった時は、まっすぐ手を置く事が正しいと思っていたので、常にまっすぐ手をつき、手首の柔軟性がないんだと考えていました。

ある時、師に、手首のシワを見て、右手だけ少しつき方を変えてみるよう指導を受けました。

そこから自分の腕の力の働き方がぐんと変わっていきました。


世界の正解を知ることは大切です。


ですが、それ以上に自分の正解を見つけることが最重要だと思っています!




ヨガを通じてより多くの人がケガのない、最高のパフォーマンスを発揮できることを願っています!!

閲覧数:30回0件のコメント
記事: Blog2 Post
bottom of page